スタッフコラム STAFF COLUMN

2022.06.28O.R.様邸の工事現場から。

富士河口湖町勝山O.R様邸新築工事

こんにちは!

工事部の志水です。

本稿では富士河口湖町は勝山にて新築工事中のO.R.様邸の工事現場から、施工の様子をお伝えします♪

まずは外回りから。O.R.様邸の壁の断熱は、壁内の高性能グラスウールの充填断熱と、スタイロエース30mmの外張り付加断熱の二重の断熱になっています。まずは外張り断熱の様子をご覧ください。

AS20220628 (1).jpg
外壁に、スタイロエース30mmを張り付ける、付加断熱。

AS20220628 (2).jpg
隙間なく丁寧に張り上げる。

AS20220628 (3).jpg
こちらは二階の壁に下屋がぶつかる箇所。ここも断熱気密の「外」なので、しっかりと外張りの断熱を張り付けます。

続いて、壁内の様子。高性能グラスウールを隙間なく充填します。

AS20220628 (4).jpg
高性能グラスウールを隙間なく充填。密度が高く、時間がたってもしっかりとカタチを保ちます。

AS20220628 (9).jpg
外周部はすべてこのグラスウールで充填。これが「断熱」です。

AS20220628 (5).jpg
こちらはコンセント用気密部材。コンセントボックスを囲み、ケーブル貫通部分には発泡ウレタンで気密処理。隙間風を防ぐ「気密」の施工に関係しています。

壁の断熱を見たら、今度は気密処理を見ていきましょう。気密シートを壁の内側に張ることで、家の外と中を区別します。これによって室内の湿気が壁内に漏れることも防ぎ、シートの外側は外気に開放、通気。壁を腐らせる夏の壁内結露も防ぎます。また、気密が取れていることで、隙間風などの漏気を防ぎ、効果的に室内を断熱、夏場冬場の快適な温熱環境を省エネルギーで実現することができます。通風孔などから設計通りの計画的な換気も可能になり、キレイで快適な空気の循環を効果的に行うことができます。

AS20220628 (10).jpg
気密シートの施工。内側から充填断熱のグラスウールが膨らんでいる。コンセント周りの気密処理にも注目。

AS20220628 (11).jpg
気密シートは、空気の流入をシャットアウト。湿気も通しません。このように、シーズンの施工では壁の「内側」で気密を取っています。

続いて、屋根の軒天材、板金の施工も見てみましょう。

AS20220628 (14).jpg
破風板の溝にはめ込み、野縁で組んだ下地に張り付けた準耐火性の軒天材。壁との取り合い部分は、通気胴縁による隙間が確保されている。

AS20220628 (19).jpg
天井はガルバリウム鋼板の縦平葺き。

AS20220628 (21).jpg
このアングルがカッコいいと感じてしまう。。

AS20220628 (20).jpg
もう一枚。

つづいて、破風板を板金で包み込みます。

AS20220628 (44).jpg

AS20220628 (45).jpg
板金の割付がいつもキレイです♪

軒天の納まりはこのような形に。

AS20220628 (46).jpg
黒色の軒天材に黒の板金の納まり。引き締まる印象を与えます。

防水施工についても見ておきましょう。外張り断熱を貼り終えたら、透湿防水シート(湿気は逃がすが、水は通さないシート)で外壁を覆います。上から下に水が流れ落ちるように、シートの重ねしろを確保して施工。

AS20220628 (22).jpg
透湿防水シートで水の侵入を防ぎ、かつ湿気は逃がします。

AS20220628 (30).jpg

AS20220628 (34).jpg
ケーブル貫通部分。気密テープを下側から重ねて貼っていきます。上から流れ落ちてきた水が下にしっかりと逃げるようにテープ処理するのがポイント。

AS20220628 (33).jpg

AS20220628 (31).jpg
サッシ周りの防水シートの施工

サッシ周りの防水シートの施工には特に気を配っています。サッシ枠を取付た上に、両面テープをはりつけ、透湿防水シートを切りつけて張り付けます。そのうえから更に気密テープで防水処理。ここまで丁寧な防水処理をしているのは、家を長持ちさせる上で防水処理がそれだけ大事だから。

AS20220628 (17).jpg
下屋部分の防水処理。壁との取り合いの部分は、ルーフィングに加えて防水シートを2重に立ち上げて施工。

さて、つづいて少しばかり設備工事の部分を見ます。シーズンのベタ基礎は、断熱気密の上では「室内」の扱い。ベタ基礎の中も綺麗に保つように気を配っています。配管の立ち上がる箇所はウレタン施工。工事中のちりやほこりが入らないようにも気を付けます。

AS20220628 (7).jpg
キッチンの配管。

AS20220628 (8).jpg
トイレの配管。
続いて、気流止め(屋根への空気の流入をシャットアウト)を貫通する配線の気密処理も。

AS20220628 (6).jpg
発泡ウレタンによる気密処理。一つ一つの丁寧な気密処理が、c値実測0.3以下をお約束する仕上がりに繋がっています。

最後になりますが、木工事の見どころをどさっと紹介いたします!

AS20220628 (29).jpg
野縁による天井の下地。

AS20220628 (28).jpg
二階天井にピンと貼り上げる気密シート♪

AS20220628 (27).jpg
杉本棟梁の手際のよい施工。惚れ惚れします。笑。

AS20220628 (25).jpg
気密シートの張りあがった空間。「珍しい」景色です。

AS20220628 (26).jpg
こちらには、断熱仕様の天井点検口が納まります。天井に吹き込むグラスウールブローイング300mmはこれから。

AS20220628 (37).jpg
玄関框にフロアを擦り付ける。

AS20220628 (38).jpg
施工中の様子。

AS20220628 (41).jpg
ぴったりと框に擦りつくように、鉋で微調整。。

AS20220628 (43).jpg
フロアの擦り付ける面は角度を付けてカットしてある。鉋で微妙な調整をして、綺麗に納める。

AS20220628 (40).jpg
丁寧に、かつ段取り良く無駄なく素早く。杉本棟梁の腕が光る現場です♪

以上、O.R.様邸の工事現場からお伝えしました。

※株式会社シーズン(SEASONS)のシンボルマークであるエンドレスフラワーは社名のイニシャルである
「S」の曲線を花びらに見立て、ラインが途切れることのないようエンドレスになるように繋ぎ合わせました。
「お客様と私たち協力工事店の縁が途切れずに繋がっていく」という意味が込められたシンボルマークです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎完成現場見学会

 富士吉田市富士見    7月9日(土)・10日(日) 10時~17時 

◎構造現場見学会(予約制にて個別案内となります)  

※基礎・構造躯体・断熱気密工事など工程ごとのご案内が可能です

 富士河口湖町勝山   7月(断熱気密・大工工事現場)

 都留市井倉      7月(構造躯体・断熱気密現場)

 富士吉田市上吉田   7月(基礎工事現場)

ご予約は弊社HPまたはお電話にてお願いします。 電話:0555-72-8114(担当:笠井)

 ゼロエネ・ZEH住宅のことなら山梨県で唯一『BIS』断熱施工技術者資格を持つ 株式会社シーズンにお任せください ※2021年度HOUSE OF THE YEAR IN ENERGY特別優秀賞&省エネ住宅優良企業賞を山梨県で唯一【3地域】にて受賞
 HOUSE OF THE YEAR IN ENERGYは3年連続受賞

※構造・断熱・気密現場見学、ご入居宅見学は随時行っております。ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。