スタッフコラム STAFF COLUMN

2022.10.31シーズンの家に住んでみた!!その二

雑記

こちらは第二弾になります。前回書いてからだいぶ日が経ってしまいましたが、秋も深まり富士河口湖町は寒くなってきたところなので、住み心地をレポートするにはよい時期かなとも思います。

 

前回アパートの性能・仕様についてご紹介しました。実際に生活してみてどうか、というところなのですが、換気システムと空調の使い方についていくつか発見がありました。

第三種換気システム(機械排気・自然吸気)を使っており、排気口が全部で四か所(一階のパントリーとトイレ、二階寝室のウォークインクローゼットとユニットバス前の洗面所)あり、自然吸気口が三か所(一階LDKと二階の南面の洋間と北面の寝室)あります。排気口には常に負圧がかかっていて、空気を外に排気しており、その排気された分、自然吸気口を通して外から空気を取り込んでいます。

 resize0619.jpg

気づき①

エアコンが吸気口の上に取り付けられているが、これって大切。

LDKと二階寝室の吸気口の上にエアコンが取り付けられています。吸気口からは24時間常に外部からの空気が流入しているのですが、これがエアコンの下にあることで、外気の温度が幾分調整されて室内に流れてくるようになります。間取りにもよりますが欲を言えば、エアコンの吸気口は上部にあるので、自然吸気口の下にエアコンが設置できれば、ベストだと思いました。吹き抜けなどにエアコンを設置する場合はそんな工夫をしてみてもいいかもしれません。

 

気づき②

冬場、換気量は控えめでもよい。 

弊社が採用している第三種換気システムの日本住環境のルフロは、ダイヤルで換気量を調整できます(もちろんゼロにはなりません)。冬場、換気量を控えめにセットして、吸気口もやや閉じ気味にしておくと、エアコンの稼働率が下がります(さらに省エネに)。これですと、外気温が0℃の状況であっても二階のエアコンを切って、一階のエアコンを22度くらいにセットしておくと、それだけで一階も二階も快適な温度になることがわかりました。いろいろ試してみたのですが。暖かい空気は階段を通って二階まで登り、そこで排気口から排気される、私の住まいではこれで十分な感じです。

 

気づき③局所換気はなるべく使わない

例えばキッチンのレンジフードと風呂場の換気扇を同時に使用すると、家の気密が非常に高いため、場合によっては吸気口からの吸気が間に合わず、ルフロの排気口から空気が逆流して降りてくる現象が生じました。いろいろと検討した結果、次の設定が我が家ではベストだと判明しました。

  • レンジフードの換気扇は、「強」は使わない。料理中は常時換気をオンにするか、「弱」で使用する。(揚げ物などでもなければ、「弱」で十分だと思います。ちなみに我が家ではエアフライヤーを使っているので、油での揚げ物はしません。ボイルする場合も「弱」でよいです。)
  • 風呂場の換気扇も、風呂の使用直後に少しだけ回し、後はすぐにオフにする。

初めは風呂場がカビてしまうのが心配で、換気扇をずっと回したりしていましたが、換気量から考えて「無駄」のような気がして、オフにしてみました。洗面所の天井に排気口がついているので、「風呂使用直後に換気扇を回し、着替えている間に直ぐにオフにする、そして洗面所の扉を開けておく。」これだけで、お風呂場は十分に換気できることがわかりました。ちょっとした蒸気は室内を潤してくれる位で、むしろちょうど良い。

 resize0620.jpg

以上のような試行錯誤を通して、いい感じなところに「超高気密高断熱・計画換気」の家の使い方が分かってきた感があります。一度慣れてしまうと、本当に快適で、他の家には住みたくない、位の安心感があります。笑 

結露は一切なく、冬なのにTシャツ一枚で快適に暮らす、朝起きる時も寒くない、24時間計画換気システムが作動しているので、冬場の乾燥もエアコンを作動させている割にはひどくなく、不快な臭いなども室内に残りません。外から帰ってきて玄関を開けるといつも暖かい空気が自分を待っている。

オンラインのズームで日本各地の人とミーティングをしたりするのですが、この季節ですと、みんな室内で厚着をしていたり、フリースを着込んだりしている中、自分と妻だけはTシャツ一枚で過ごすしていて、「あぁ、そういえば前は寒かったよなぁ。」とそんなに昔でもないことを昔のように振り返ってます。

ここで告白しましょう。私も前の家では、上に四枚、下に四枚着込んで、富士吉田の寒さを乗り切っていました。勉強しようにも寒くて、机の下に新聞紙を張り付けて空間を作り、電気ヒータを回して生活していました。灯油のだるまストーブを焚いても周囲から迫ってくる寒さは一向に収まらず、建具のガラス部分に段ボールを張ったり、いろいろなことをしたものです。空気も悪くなり、ついにあきらめてお客様が来るとき以外はストーブを焚かない生活をしていました。

 

最後に、最近学んだことの中から補足説明をさせていただきます。弊社の住宅はいわゆる北方型住宅です。北海道では寒さを乗り切るための家づくりの研究・導入が本州よりも2歩3歩も進んでいまして、弊社はその断熱気密の施工技術を「北海道と気候帯が同じである富士北麓地域」に導入しています(弊社はそこにさらに、テクノストラクチャー工法を採用し、耐震性能においても最高等級を取得。他では真似のできない家づくりをしております)。

さて、北方型住宅なのですが、考え方の出発点にあるのは、「全館暖房」という、「家中どの部屋も18度以下を下回らないようにする」という基準です。これを省エネルギーで実現するために、「高断熱化」が必須になります。「高断熱化」したときに、夏場の壁内結露や隙間風を防ぐために、「高気密化」がどうしても必要になります。「高気密化」したときに、室内で発生する有害化学物質や人間からの二酸化炭素やアンモニアなどを喚起する、「計画的な換気システム」が必ず必要になってきます。

「全館暖房」「高断熱」「高気密」「計画換気システム」は、こうしてセットになっているのですが、その結果として、身体ストレスの少ない快適な温熱環境、新鮮・健康な空気環境が整っていきます。

 

さて、レポート第二弾はここまでにいたします。第三弾をお楽しみに♪