株式会社シーズンTOP

株式会社シーズン公式facebook

シーズンのSDGsの取り組みSustainability

株式会社シーズンでは、住む人の生命・財産を守り快適・健康に暮らせる住空間づくり
「=街の財産となる住まい」の提供を通じて、
持続可能な世界を目指すための貢献をしてまいります。

SDGsとは

  • 1貧困をなくそう
  • 2飢餓をゼロに
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 4質の高い教育をみんなに
  • 5ジェンダー平等を実現しよう
  • 6安全な水とトイレを世界中に
  • 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8働きがいも経済成長も
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10人や国の不平等をなくそう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任
  • 13気候変動に具体的な対策を
  • 14海の豊かさを守ろう
  • 15陸の豊かさも守ろう
  • 16平和と公正をすべての人に
  • 17パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

取り組み内容

3.すべての人に健康と福祉を

住む人の生命と財産を守り、健康に暮らせる住空間づくり
地域の気候に適した高断熱・高気密住宅を提供することにより、外気温の変化に左右されず室内の温度差による健康被害を軽減。全てのご家族が四季を通じて、安全・快適・健康に暮らせる生活環境を創造します
計画換気を確実に行える気密性能を担保するために、全棟で気密測定を実施し、オーナー様へ実測値の証明書を発行します

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

僅かなエネルギー消費で快適に暮らせる生活の提案
太陽光発電システム搭載率を90%以上とする
HEAT20、G3断熱・基礎断熱工法&相当隙間面積C値0.3を基準として、僅かなエネルギーで家中の温度を一定に保つ断熱気密性能とする

11.住み続けられるまちづくりを

地域の環境や気候変動にあわせた対策を実施
住まいを地震や豪雨に強いシェルターとして、全棟で311項目の構造計算実施・保証書を発行
長期使用期間を目指す家づくりとして全棟で認定長期優良住宅・住宅性能表示制度の採用による性能の見える化
図面段階・建築段階(全5回)の第三者機関による現場検査を実施
長期定期点検表を掲示したアフターメンテナンスシステムの実施
地域貢献
山梨県一の省エネ住宅で脱炭素社会の実現を目指し、地域の住宅性能向上への情報発信
同業他社に対する断熱気密技術の公開・指導
世界遺産である富士山美化運動への協賛
地域の中・高等学校の同窓会記念事業やクラブ活動への協賛
地域の高等学校の職業体験受け入れ

12.つくる責任つかう責任

2050年基準の持続可能な家づくりの生産
耐震等級3、断熱性能HEAT20 G3&相当隙間面積C値0.3以下を基準とし、現在から2050年基準のカーボンニュートラルに向けた家づくりを実施

17.パートナーシップで目標を達成しよう

技術・品質の向上を目指すパートナーシップ
地域のSDGsに取組んでいる企業との連携による目標達成
取引企業との連携によるSDGs認知度のアップ

カーボンニュートラル
実現に向けた取り組み

2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。「排出を全体としてゼロ」というのは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」から植林、森林管理などによる「吸収量」を差し引いて合計を実質的にゼロにすることを意味しています。カーボンニュートラルの達成のためには、温室効果ガスの排出量の削減並びに吸収作用の保全及び強化をする必要があります。