株式会社シーズンTOP

株式会社シーズン公式facebook

お客様の声Voice

アンコール取材

こちらの記事は、新築完成時にインタビューにご協力いただいたお客様が、
ご厚意で、数年経った現在の暮らしぶりについてもお話いただいた内容となります。

- 富士吉田市 A様 - 住むほどに愛着のわく心地良い家

リビングドアを開くとスキップフロアで一段上がったダイニングスペースと鉄骨デザイン階段が。

暖かで心地良い、癒しの住まい

「今思えば、かなり大胆な決断でしたね」と話すA様。実はA様邸は、当時山梨県での実績が1棟も無かったシーズンの、記念すべき初めてのお施主様です。

「この家で暮らし始めて10年目を迎えました。入居当時と変わらず、快適です。自分の判断に間違いがなかった、と自信をもって言えますね」と笑います。

北海道で多くの実績のある断熱・気密性能・工法とはいえ、富士北麓の冬に耐えられるかどうかは、まだ未知数だったシーズンの家。「基礎から断熱するというところに惹かれたこと、日々の光熱費を抑えられる断熱気密性能、武藤さんの家づくりに対する想い、全部ひっくるめて信じて良かったです」と話します。


ひろびろしたキッチンカウンターは配膳や作業台として使用

提案力にも満足

柔軟な対応が出来るのも地域密着型の住宅会社だからこそ。「家の性能の良さはもちろん、提案力があるのが良いですね。暮らしやすい動線で、当初の図面から変更したのは階段の位置くらい。妻の希望で、コミュニケーションの取りやすいリビング階段にしたのですが、そのおかげか、子どもたちも素直に育ってくれました」と話します。

フットワークが軽いことも、魅力のひとつだと話すA様。「10年も経てば、疎遠になったりすることも多いと思うのですが、全くそんなことはなく、アフターフォローが手厚い。問題や不具合があっても、すぐに対処してもらえるので、安心感がありますね」。


階段を登りきると家族が集まるダイニングスペースを見降ろすことができます。

自信をもって紹介できる家

その土地ならではの特徴や、特有の交通状況、気候風土など細かな部分までを理解しているからこそ、住む人に寄り添った提案ができます。親身で丁寧がモットーのシーズンは、全員が地元山梨の生まれです。

A様邸は、電気蓄熱式床暖房システムを採用し、真冬でも家の中はポカポカ。A様は、時が経ってもなお、ランニングコストを抑えられる性能の高さにも満足していると話し、「皆さんが口をそろえて、暖かい良い家だねと言ってくださいます。家を建てたいという人がいたら、間違いなくシーズンをお勧めしますね」とも。コロナ禍で家にいる時間が長くなったけれど、ストレスなく快適に過ごせていると話してくださいました。

新築当時の写真
現在の写真
DATA
敷地面積 270.39m²(81.79坪)
延床面積 132.90m²(40.19坪)
1階床面積 70.80m²(21.41坪)
2階床面積 62.10m²(18.78坪)