株式会社シーズンTOP

株式会社シーズン公式facebook

お客様の声Voice

アンコール取材

こちらの記事は、新築完成時にインタビューにご協力いただいたお客様が、
ご厚意で、数年経った現在の暮らしぶりについてもお話いただいた内容となります。

- 富士吉田市 W様 - 将来を見据えた家づくりを

ホワイトで統一されたシンプルでモダンな外観。

飽きのこない快適な家

とにかく家が大好きで「ステイホームが日常となりましたが、おうちが大好きなので、むしろ籠っていたいくらい」と話す奥様。W様邸は、パッチワークキルト講師として活躍する奥様のアトリエのある住まいです。

家を建てる際に、なるべく色をいれない、ということを決めていたという奥様。「たくさんの床色や壁紙から選べるのなら、せっかくだから1面だけアクセント、としたくなるかと思いますが、私たちはナチュラルな空間に、キルト作品や植物でアクセントをつけたいと考えていました。メープルの無垢材と温かみのある白い壁を基調とした内装にしたのですが、5年暮らしても飽きのこない快適空間になりました」。


優しくて明るい空間を演出するメープルの床材とキッチン腰壁

ライフスタイルの変化にも対応

「自分たち、子どもたち、両親のこと。この数年でライフスタイルは変わったけれど、家という癒しの空間があるのは安心」と話す奥様。「家をつくるときは、目先のことだけではなく、10年後、20年後のことを考えて建てるべき」と言い、「段差のないフラットな床や、年齢を重ねても無理なく使える動線など、老後を見据えて計画すると良いと思います」とも。長く安心して住まえる頑丈さ、断熱性能、気密性も大切だと話します。

「本当に暖かい家。朝日が入る間取りも気に入っていますし、不満も不安も全くありません。シーズンさんにお願いして本当に良かった」と笑います。


明るい日差しに包まれる家事コーナーとアトリエ

話しやすく聞きやすいのは大切

数多くある住宅会社の中から、シーズンを選んでくださった理由をお聞きしたところ、「人ですね。検討していた会社もあったけれど、今一つ信用というか、大丈夫かな?と感じていて...。笠井さんは本当に面倒見がいいし、知識も豊富」と奥様。「同窓会の案内に広告が小さく載っていて。それまでノーマークでしたが、1度目の訪問でシーズンさんに決めました。主人と"ここだね。今までの住宅会社選びの苦労は何だったんだろう"って、意見が一致しました」と話します。

時代や情勢の変化とともに、変わる暮らし。「今後は蓄電池の導入も考えています。もちろんシーズンさんに相談します」と話してくださいました。

DATA
敷地面積 152.44m²(46.02坪)
延床面積 124.21m²(37.50坪)
1階床面積 67.90m²(20.50坪)
2階床面積 56.31m²(17.00坪)